「後悔」ではなく、「反省」にしてみる - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 復縁アドバイザー福島のコラム > 「後悔」ではなく、「反省」にしてみる

「後悔」ではなく、「反省」にしてみる


この記事をはてなブックマークに追加

こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

まずはこの度もたくさんのご感想をお寄せ下さり有難うございました。
「頑張ります!」「すぐに始めてみようと思います」等の前向きな
ご意見を拝見すると、逆に私の方が温かい気持ちになります。
私の拙い文章へのご批判がないこと、それだけでも感謝の気持ちで
いっぱいです(笑)

こちらこそ、皆様に支えて頂いております。
本当に有難うございます!


さて、今回あなたにお伝えしたい言葉は...

『後悔先に立たず』


ご相談をお寄せ下さる、大抵の方が「後悔しています」と述べられています。
そうですよね。

あの時、つい感情的になってしまい、相手を厳しく責め立ててしまったこと。
好きで仕方がなかった故に、束縛してしまったこと。
馴れ合いが強くなりすぎて、安心しきってしまっていたこと。

いろいろあると思います。

ですが私はそこまでご自身を責めなくても良いのではないかな、と思うのです。
なにしろ、どんなに後悔しても過去は取り消すことは出来ません。

そして後悔からは何も生まれません。

そこで思うのが、「後悔」ではなく、「反省」にしてみると
少し違うのではないかということです。

反省は、間違いなく次に生かせます。

自分には言葉が厳しくなってしまうところがある。(反省)
好きになると、相手の全てを把握しておかないと気が済まないところがある。(反省)
彼(彼女)に対して、家族のように気を抜いてしまうところがある。(反省)

そう考え直せば、じゃあ次からはそうならないように気を付けようと
心がけることが出来ますよね。


別れを経験して改めて気付かれたと思うのですが
彼(彼女)はあくまで他人です。
これを読んで下さっているあなたの意思に、全てがかみ合うわけでは
ありません。

ほんの少しの優しさ、遠慮、緊張感を忘れずに
お互いにとって居心地の良い存在になれると良いですよね!


反省反省、そして前へ!!
私もそんな日々を過ごしております(笑)

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。