スキンシップと恋愛心理について - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 復縁アドバイザー福島のコラム > スキンシップと恋愛心理について

スキンシップと恋愛心理について


この記事をはてなブックマークに追加


復縁アドバイザーの福島です。

気付けば7月、一年の半分が過ぎてしまいました。

連日蒸し暑い日が続きますね。

最近はお酒の席にお呼ばれする機会が増えているのではないでしょうか。

ただそれと同時に、お酒が入ったからこその失敗談も
ちらほら耳にします。

アルコールの勢いで告白してしまった。

平気なふりをしていたのに泣きながら責めてしまった。

非常識な時間帯に連絡して引かれた。

過剰にスキンシップをとり、嫌がられた。

何を言ったか記憶が無い。

などなど彼(彼女)に失態を見せ取り返しのつかないことに
ならぬよう注意しましょう。

それさえ注意すれば、飲み会は自分磨きの成果や気遣いを
アピールする良いチャンスです。

気遣い、聞き上手になり、と良い気分にしてあげて下さいね。

さて近頃の傾向なのですが、40~50代の方からの
ご相談が増えてきているようです。

また以前は『いい年をして・・・』と遠慮がちでしたが、
最近は堂々としていらっしゃるのが頼もしいと思っています。

おそらく復縁がメジャーとなり、ネガティブなイメージが
薄れてきたのでしょう。

オトナと言われる年代でも、外に出ればひとりの男と女。

恋心に年齢は関係ないと思います。

他の年代と違うのは、お互いに主張が強い点でしょうか。

これはご自身のスタンスが確立されているからだと思うのですが、
ああいえばこういうのような言い合いになるケースが少なくありません。

20代30代でも気が強いタイプ、頑固タイプはもちろんいます。

一定期間を空けながら連絡をしても、割り切った素振りをしても
返事がない、というご相談も多いです。

ただここが大きな違いで、彼(彼女)が40~50代の場合は
何度か連絡するときちんと返事をくれるようです。

たまに言葉が厳しい時もありますが、返事するという形で
最低限の誠意を見せてくれるのが他の世代と違う印象を受けます。

返事をもらうのが連絡する目的ではありません。

ですが返事が無いと寂しいのは事実です。

だからこそ、それが例え厳しい口調の返事だったとしても
示してくれた誠意に感謝し、反論せず引きましょう。

そして思いのままに主張したら、スッとオトナの対応に戻れるのも
この年代の傾向だと思います。

別れる時口論になったとしても、今は普通に話せている
のではないでしょうか。

40~50代はとてもリセット上手だと思います。

スタート地点に戻ったら歩き出すのみ。

同じ失敗を繰り返さないようにだけ気を付けましょう。

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。