依存・束縛体質の克服について - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 復縁アドバイザー福島のコラム > 依存・束縛体質の克服について

依存・束縛体質の克服について


この記事をはてなブックマークに追加

こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

先日友人からメールが来たのですが、少しいつもと
様子が違っていました。

絵文字がなく、漢字が少なく、どこかうかない様子。

何事かと思い聞いてみたところ、機種変したばかりで
うまく使いこなせないというだけでした(笑)

こんな理由も実は素っ気なく感じさせる一因にあるようです。

・送ったメールが実は届いていなかった

・単純に電波状況が悪くメールが送れなかった

・厳しい言葉で拒否されたと思いきや、今の彼女が裏で
 手を引いていただけ

先のテンションが低いメールも然りで事実と違うことが
あると思います。

なので冷たくされる理由が思い当たらないとか、前回は普通に対応して
くれたなら、思いがけない理由が潜んでいるかもしれませんね。

さて今回は依存・束縛体質の克服について聞いた話です。

かつてAさんはかなりの束縛系で、彼と連絡が取れないと
不安になり5分おきに連絡をしていました。

一緒にいる時はこっそり彼のメールチェックをして、
相手が女性と分かると消去してしまったほどです。

彼はAさんの束縛に辟易し、浮気をしてしまいました。

Aさんはひどくガッカリし、悩みに悩み別れを切り出しました。

すると愛されていると思い込んでいた彼は一変し、
別れないと言い張ったそうです。

Aさんは様子を見ようと思いました。

ただしAさんのテンションはすでに下がっていたため、
「彼が彼が」の頃には戻りませんでした。

そして自分の時間を大切にしたそうです。

彼がそうするように、適度に異性の友人と遊び。

熱中できるものを探し没頭したり。

彼といる時は純粋に楽しみ。

彼の携帯を見るのは止め、周りからそれとなく情報を
得るようにしました。

Aさんの束縛が強いところ以外は好きだった彼は、
とても優しくなったそうです。

それでもAさんは浮気性は直らないだろうと踏み、
別れを選びました。

最終的にはどっちもどっちな話ですが、典型的な問題と
解決方法がたくさん含まれています。

Aさんは彼との別れを決めた時点で立場が逆転していたのでしょう。

Aさんはその後、彼に依存していた時よりも楽しくて
仕方がなかったと言っていました。

振った側、振られた側の心の余裕は違うと思います。

ただ気持ちのあり方が違うだけで、Aさんがしたのは
自己改革と違いありません。

彼の浮気が自分に関心を向けるきっかけとなったのでしょう。

まずは自分を大切にしようと思えたのだと思います。

毎週このメルマガを参考にして下さってるあなたは
自分磨きをすでに実行なさっていることでしょう。

自己改革の大切さを熟知していらっしゃると思います。

不安になる時もあるかもしれません。

しかしいつも申し上げるように、そうであってもなくても
事実はひとつ。

何より余裕が大切。

依存心は自分も相手も追い詰めてしまうだけだと、
改めて思えた一例でした。

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。