改善に改善を重ねることで状況が変わっていく - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 復縁アドバイザー福島のコラム > 改善に改善を重ねることで状況が変わっていく

改善に改善を重ねることで状況が変わっていく


この記事をはてなブックマークに追加

こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。

先日知人から興味深い話を聞きました。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、状況をよりよく
改善したい時の対策として『PDCAサイクル』と呼ばれるものが
あるそうです。

P:plan プラン
D:do 実行(試し)
C:check 見直し
A:action 行動

私なりの解釈もあるため専門家の方にはご容赦下さい(笑)

このサイクルを早速復縁に当てはめて考えてみました。

通常『P』、プランは「こうなりたい」という願望を元に立てます。

しかし現状を無視することはできません。

例えば会いたいから誘うとか、メールしないと忘れられてしまう
のような思いは、一方的な押しつけになってしまうでしょう。

なので「彼(彼女)にこれをしてみたい」の前に
「現段階でのこの行動は彼(彼女)にとってどうなのか」を
考慮しましょう。

次に『D』試しの実行について。

お願いにしろお誘いにしろ切り出すのは勇気がいりますし、
衝動的に切り出して警戒されたり後退したら・・と思うと
躊躇してしまいますよね。

そこでいつも提案するのは、明るく冗談ぽく切り出してみることです。

例えば

「たまにはご飯でも行かない?無理なら良いんだけど(汗)」

と腰が引けた感じでなく

「どこどこの料理がかなり美味しいらしいよ!
 今度行ってみようよ(笑)」

この(笑)があるだけで印象が変わってくると思います。

『C』見直しは『D』でやってみた時の相手の反応と、それに対する
こちらからの返事に反省点がないかふり返りましょう。

親しみを込めたつもりがなれなれしくなっていたとか、
焦って見当違いな返事をしてしまう方も少なくないようです。

そして大事なのが『A』の行動です。

反省点を踏まえて再チャレンジしましょう。

ご相談を拝見していると、もう失敗はしなくないと
ガチガチになっているケースも少なくないのですが、
現時点で100%の展開を予測するのは難しいと思います。

なので前回以上に時間を置いてみるとか言い方を
変えてみるなど画策し、次のプランにつなげましょう。

それを順々と繰り返していってみて下さい。

改善に改善を重ねるのですから、状況がどんどん
変わっていくと思われます。

今回は少し理屈っぽいお話だったかもしれませんが、大きな目標には
小さな目標達成を積み重ねてこそつながるものです。

次はどうすれば?その次は?そのまた次は?と先々の行動だけに
こだわるのでなく、その時々の状況をきちんと踏まえていきたい
ものだと思います。

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。