彼(彼女)に警戒される3つのケースとは?

復縁 復活愛 よりを戻す復縁方法を公開します!
復縁・復活愛の方法
恋人とよりを戻す復縁方法
【メルマガバックナンバー】


女性用 | 男性用 | お申込み

彼(彼女)に警戒される3つのケースとは?

こんばんは、復縁アドバイザーの浅海です。

今回のテーマは『彼(彼女)に警戒される3つのケースとは?』です。

このメルマガをさかのぼっていくつか読んで頂くと、一つの理論に気付く方も多いです。

それは

『復縁をしようと思ったなら、すがってはいけない。なるべくサラっとした対応を心がけた方が良い』ということです。

おそらく、あなたも『未練がましくならないように・・・』とか『もう吹っ切れた様子にしておこう』など考えていらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、ご相談を拝見していると、その気持ちが余計に警戒を生んでいるケースも見受けられます。

彼(彼女)に「なんか怪しい・・・」と思われると、距離を置かれてしまうので、ここは要注意です。

というのも、人は

・よく分からないもの

・虚偽が感じられるもの

・信頼できないもの

に対しては距離を置こうとするからです。

あなたもそうではないでしょうか?

何がしたいのかよく分からない人には従わないですよね。嘘っぽいと思う人の話を信じないでしょう。

そして、信頼できない人の言葉は聞かないと思うのです。

ですがこうして冷静に考えればちゃんと分かるのに、復縁となると、焦ってしまい逆に警戒を生む行動を取ってしまっている方もいます。

では、警戒心を余計に煽ってしまう行動とはどんなものでしょうか?

今回は特に多い3パターンを取り上げるので、自分がそうなっていないか少し振り返ってみてください。

まず、1つ目のパターンですが、割り切った態度自体が嘘っぽく見えてしまい、距離を置かれるケースです。

別れた直後に多いのですが、「別れたくない!」と散々駄々をこねて、無理と悟った後に「復縁しよう!」とスイッチが切り替わる瞬間です。

この場合、昨日までは「別れたくない!」と言っていたのに、それは良くないと知り「もう吹っ切れた!」と急に言い出してしまう方が多いのです。

そもそも、昨日まで縋っていたのに寝て起きたら急に冷めていた、という状況は不自然ですよね。

昨日まで「別れたくない!」と言っていたのに、今日になって急に「他に好きな人ができたの!」と言うのもかなり怪しいです。

冷静に考えれば、それは不自然だと分かるのですが、本人はとにかく焦っているので、『未練がない方が良い』というノウハウを知ってしまうと、それを忠実に再現しようとします。

自分に合っているかどうか、ということも考えず。自分の状況下では変だということにも気付かず。

そして、相手に「なんか怪しい・・・」と思われてしまうのです。

これはとても勿体ないですよね。

昨日まで縋っていたなら、コロっと気持ちが変わるわけがないのです。

もし変わったとしたら、それはそれで「コロコロ気持ちが変わるんだ・・・」と不信感を与えてしまいます。

普通に考えれば、昨日と今日で大きく変わるはずがないのです。

ですから、別れた直後の対応というのは重要です。不自然でも良くないですし、かといって未練がましい状態のまま、というのも相手に嫌がられます。

2つ目のパターンは、言葉と行動が一致していないケースです。

これは、相手の警戒も少し解けて連絡が再開した頃にとても多いです。ここで失敗をして、また警戒される、というご相談もよく目にします。

なぜまた警戒されてしまうのか?

それがこの『言葉と行動が一致していない』という原因なのです。

例えば、「良い友達としてやっていけたら」という理由づけで連絡を再開したとします。

彼(彼女)は友達として、仕切り直しをしようと了承しています。そして、他の友人たちと同じように接しようとします。

ですが、あなたは割りきれていない感情があるものですから、つい連絡を頻繁にしてしまったり、彼(彼女)の行動を詮索したりしてしまいます。

すると、相手は「なぜそんなことを!?」と不審に思います。

重要なのは、この段階で焦らずあなたの魅力を徐々に知ってもらうことなのです。

ところが、少し距離が縮まったことで一気に以前の恋人同士のような感覚で連絡をしてしまう方が多いのです。

ここの段階での連絡の取り方はとても重要です。失敗をしないように注意してくださいね。

そして3つ目のパターンですが、これは『策士 策におぼれる』とも言うべきパターンです。

基本的には恋愛に長けており、復縁も順調に進むのですが、あと一歩のところで進まなくなります。

これはもともとのお付き合いで相手があなたに振り回されたという印象がある場合に特に多いです。

あなたの努力によって、相手は徐々にあなたに夢中になります。ですが、夢中になる気持ちにストップがかかるのです。

なぜなら、お付き合いをしていた時に振り回されているので、「またあのパターンだ!!」と思い出すのです。

例えば、嫉妬をあおって彼を繋ぎとめていた、というケースや、優しく優しく接して彼女がホロっときていた、というケースなど。

この場合は、相手があなたのことを『好きだった』というより『好きだと思わされていた・・・』という印象なのです。

ですから、同じ手で復縁しようとしてしまうと『またあの罠にはめられる!!』と警戒されてしまうのです。

何度もこのパターンで、復縁直前で振り出しに戻ったというご相談を拝見しているので、もしこのパターンの方は特に知っておいてください。

策も重要ですが、信頼はもっと重要です。

信頼回復のために、以前とは違う自分も見せていかなくてはなりません。それを忘れないでくださいね。

余計に警戒される、という3パターンをご紹介しましたが、このように、うまくやっていると思っていても、実は警戒されていた、ということもあるのです。

ぜひあなたはこのパターンを回避して、復縁を進めて頂ければと思います。頑張りましょうね!!


▼私も復縁までの道を知りたいです

▼自信を持って行動したいです!

という方は当サイトを参考にして下さい。

詳しくはこちら

復縁する方法(女性用

復縁する方法(男性用)

あなたの復縁までの指針が見つかるでしょう。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

一覧に戻る


復縁する方法(女性用

復縁する方法(男性用)


復縁・復活愛の方法TOPへ




Copyrights 2006-2016
Good Appeal
All Rights Reserved.

携帯アクセス解析