復縁するために、知っておきたいコツとは? - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 事例メルマガ バックナンバー > 復縁するために、知っておきたいコツとは?

復縁するために、知っておきたいコツとは?


この記事をはてなブックマークに追加


今回の内容は必見です!

復縁をしていく上で知っておいて頂きたい復縁のコツをお教えします。

色々な方法であなたも元カレや元カノと連絡を取っていると思うのですが、
押すとき、引くとき、それぞれにタイミング、コツがあります。

このタイミング、コツを間違えてしまうと、どうにも上手くいかない・・・
という状態になってしまいます。

子供の遊びに『はないちもんめ』がありますよね。
一方が寄っていくと一方が引いていく、という。

あのような感じで、相手が寄って来ているのに、あなたが引いてしまう
というもったいないことになります。

ですから、押すべきタイミング、引くべきタイミングについて
お伝えしておきます。


【こんな時は押してみよう】

どんなにこれまで連絡が疎遠だったとしても、相手からメールが来たり、
これまでとメールの雰囲気が変わっている時は押すタイミングです。

例えば、これまではこちらの内容に対して返事のみだったのに、
急に相手が自分の話を返事に入れてきた、など。

もしくは、これまで短い文章だったのに、しっかり長文で返事を
くれたときなど。

こういった、「ちょっと前進したぞ」と思える際には、遠慮せず
思い切ってこちらも距離を縮めてみるタイミングと言えます。

下に少しまとめますね。

コツ①
・メールの返信が早い

コツ②
・これまでメールのみのやり取りだったのに電話が

コツ③
・こちらの話に返信一方だったのに、自分の話をするように

コツ④
・冗談が入ったり、絵文字が多いメールに

コツ⑤
・相手のほうからメールをくれた、電話をくれた

コツ⑥
・会う話にOKしてくれた

コツ⑦
・相手が自分の悩みや、愚痴など弱い部分を見せた

コツ⑧
・あなたへの質問が増えている

などなど。

このように、相手が少しあなたに関心を持ち始めたときは、
こちらもグイっと寄って行っても大丈夫です!


【こんな時は引いてみよう】

上の逆で、これまでよりも疎遠になっていったり、明らかに相手が
冷たくなってしまった場合は、躍起になって改善しようとするよりも
一歩引いてみた方が良いでしょう。

コツ①
・メールの返信が来ない
  ※遅くなった場合は、相手の都合もあるので一概に当てはまりません。

コツ②
・電話に出てくれない

コツ③
・メールの文章が明らかに適当に

コツ④
・会う話にOKしていたのに、その後連絡が取れない

コツ⑤
・プライベートな質問には一切答えてくれない

コツ⑥
・偶然会っても気付かないフリをするように

コツ⑦
・質問メールをしても返事をくれない

などなど。

相手は距離を置きたいと思っています。
このような場合は、無理に近付かず、様子を見たほうが良いでしょう。

一過性のものであれば、また返信くれるようになりますし、
お会いする話も前に進むようになります。

くれぐれも、ここで押そうとしないこと。


当たり前のこと、と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
冷静な判断がなかなかできないという方も多いです。

基準があれば、あなたも取り組みやすいと思います。

これらの復縁のコツを掴んで、あなたもタイミング良く
相手にアプローチしていきましょう。

押す勇気も大切ですし、一歩下がる覚悟も大切です。

ここで潔い決断をして、あなたもどんどん復縁を進めてくださいね!


▼うまくアプローチする方法を教えてください
▼押しまくっていました・・・。これからどうすれば良いですか?

という方は、当サイトを参考にして下さい。

復縁したい男性の方はコチラ

復縁したい女性の方はコチラ

あなたをグンと復縁に近付ける方法が、ここにあります。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。
望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。