ネガティブより怖い、ズレたポジティブ発想とは? - 元カノと復縁する方法

復縁 方法

復縁 方法!自分で出来る!元カノと復縁する方法

自分で出来る!プロに頼らず、彼女と復縁する方法を公開!彼女とよりを戻す
ノウハウを伝授します。

HOME > 事例メルマガ バックナンバー > ネガティブより怖い、ズレたポジティブ発想とは?

ネガティブより怖い、ズレたポジティブ発想とは?


この記事をはてなブックマークに追加

いつも『脱ネガティブ!』という話をさせて頂き、
沢山の方にがんばります、という嬉しいお声を頂きます。

これまではマイナスに考えてしまっていたので、
今後はプラス思考でいきます!

など、本当に有難いご感想も多いです。


ですが、中に少し気になるご相談もあります。

決してネガティブではないので素晴らしいと思うのですが、
ポジティブ過ぎて先走ってしまい、壁にぶち当たる、という
失敗をしている方がいるのです。


今日は、その典型的な例をご紹介したいと思います。


Kさん(34歳)は彼に強く言い寄られてお付き合いをスタートしました。

ですから、てっきり彼は自分に惚れこんでいるものと思い、
我儘を言ったり、試すために別れ話を持ち出したりしていました。

その結果、彼に振られてしまいました。


別れても、Kさんには彼の最初のアプローチが印象濃く
残っていたため、何だかんだ言いつつも自分のことを彼はきっと
好きなんだろうと思っていました。


そこで、復縁にもかなり強気でした。


彼に対してやり直そうと何度も言ったり、部屋におしかけたり。

訴えれば彼は素直に復縁に応じると思っていたのです。


しかし、彼の答えはNOでした。


いよいよ、Kさんも彼の決心が思い付きではないことに気付き、
しばらく距離を置きました。

とはいえKさんは、その時にも
「どうせ時間が経てば私の良さが分かるわ」と思っていました。


ある意味、とてもポジティブで前向きな発想です。

悪いとは言いません。


ですが、Kさんには肝心な事が抜けていました。


それは、自分を反省することと、
反省を元に改善しようとすること。


自分が彼に振られたということを認められず、まだ彼が
自分に夢中だという前提での発想しかできていなかったのです。


しばらく時間を置き、いよいよ彼に連絡をしてみたところ、
彼には新しい彼女ができていました。

Kさんはとてもショックを受け、最初は落ち込んでいましたが、
よくよく考えると嘘かもしれないと思い始めました。

ここでもKさんは超ポジティブです。


そして彼に気さくにメールを送りました。

彼も気を使って最初は返信をくれました。

Kさんは気をよくして、また復縁したいと言いました。
当然彼は彼女がいるから、と断りました。

Kさんは、「そんなこと言って、どういうつもり?」と
彼に問いました。

彼はポカンです。

あまりの自己中さ加減に、彼は呆れて
しばらくKさんとは一切の関係を断ったそうです。


このKさん、最終的には反省して復縁されたのですが、
とても大変な道のりでした。


ですが、読んで頂くと分かるように、状況だけ見ると
そんなに大変な道のりにはならなかったはずなのです。

単に、Kさんのズレたプラス思考が招いた結果でした。


プラス思考はとても良いと思います。

ネガティブに考えてしまうよりも、ずっと良いでしょう。


ですが、それはあくまでも相手ありきです。

相手の状況を考えることなく、自分の発想だけでプラスに
考えたとしても、それは単なる自己中になってしまいます。

ある意味、相手の状況を無視してガンガン進んでしまうので、
危険だと思います。


この発想は、Kさんのように大きな出来事ではなくても、
メールを1通送る瞬間にも、あなたの心に生まれてしまうかもしれません。


例えば、彼(彼女)にメールを送りたいと思ったときに
本当なら他の人でも良いような話を

「これはきっと彼(彼女)に連絡をするチャンスなのだ」と
自分に言い聞かせて送ってしまう、など。

しかも、状況的には2日前にメールを送ったばかりで、本当なら
もっと時間を置いてメールを送るべき時だった、など。


このような瞬間に、相手に連絡を取りたいがあまり、
プラス思考という言い訳をして行動をしてしまう方もいます。


それは本当の意味ではプラス思考ではありません。

単純に行動をしたいがための言い訳に過ぎないからです。


さらには、そうやって無理矢理送ったメールに対して、
相手から返信がなかったなら

「やっぱりもう嫌われてるんだ・・・」

と一気にネガティブに振れてしまいます。


本当にポジティブに考えられるのなら、そこで
「あ、忙しかったのかな」など、思うはずです。

そう思えない辺りが、言い訳ポジティブなだけなのです。


何度も言いますが、プラス思考、ポジティブが
悪いとは言いません。

それ自体はとても素晴らしいことなのです。

ですが、Kさんのように思いこみで突っ走ってしまうと
上手くいくものも行かなくなってしまいます。

それでは勿体ないので、注意してください。


そこで、この無理矢理ポジティブ思考に、あなたが陥っていないか
少しチェック項目を作ってみました。

次の質問のYESの数を数えてみてください。


・○○すべき、○○しなければ、とよく言う、または思う。

・友達に「悩み事ないでしょ?」と突っ込まれたことがある

・気遣いが苦手

・体育会系のノリが好き

・異性の友達とも恋愛感情抜きに楽しく過ごせる

・自分の周囲に嫌いだと思う人があまりいない

・友達づきあいもわりと上手くやっていける方だと思っている

・人に合わせることもできるし、自分ひとりの時間も好き

・これまでの人生を振り返って、大きな挫折は無い

・いじられキャラになることが多い

・何も考えずボーっとしている時間がけっこうある


いかがでしょうか。

4つ以上YESのあった方は、もしかしたら
無理矢理ポジティブ思考の傾向があるかもしれません。


前向きに考えて行動してみよう、という時に、
どこかもう一方で逆の発想もしてみると良いでしょう。

二つの意見で考えた時に、どちらがよりリアルなのか?と
天秤にかけて判断をしてみると良いと思います。

もしくは、第三者に聞いてみると良いでしょう。


いずれにせよ、何度も申しますが、ネガティブよりは良いと
思っています。

ただ、行動してしまう分、危険度も高いのです。


少し傾向があるな・・・という方は注意してみてくださいね。


▼どんな状況なら、ポジティブに復縁を進めても良いのですか?
▼どうすればネガティブから脱出できますか?

という方は、当サイトを参考にして下さい。

復縁したい男性の方はコチラ

復縁したい女性の方はコチラ

あなたの復縁までの道筋が見えると思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁する方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


元カノと復縁する方法 内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。